アクティブケアレポート「機能性ファブリックから考える健康な住まいづくり」

  • 2017.09.13
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

今日最も注目されているテーマは「健康」。 昨年はチアシードやココナッツオイルなど、スーパーフードが流行となりましたよね。
インテリア業界も同様、健康から考える住まいづくりがトレンドとなっています。 今回は、住まいづくりから「健康」を身近にできる、機能性ファブリックについてご紹介いたします。

■ヘルスケア・コレクション/日本フィスバ 医療用最先端の抗菌ファブリック「ヘルスケア・コレクション」。
インフルエンザウイルスやMARSなど70種類以上の幅広い病原菌に対して効果があるとされ、世界でもトップクラスのファブリックです。
(通常は3〜5種類) 従来は、抗菌物質が繊維から微生物まで移動し作用するため徐々に効果が薄れていきますが、
「ヘルスケア」では、抗菌物質が微生物を引き寄せて作用するため、効果も半永久的と言われています。
インフルエンザなど、感染のリスクを軽減する「ヘルスケア」。 海外では、高いレベルで抗菌性能が求められる医療施設などで使われていますが、
洗練されたデザイン・豊富なカラーバリエーションは、ご家庭でもインテリアを楽しみながら、感染病の予防ができるインテリアファブリックです。

 

画像①

 

 

 

■Polygiene(ポリジン)/マナトレーディング スウェーデンで生まれた、環境に優しい天然の銀イオン(Ag+)を原料とした抗菌・防臭効果があり、
ファブリック業界ではマナトレーディングが日本で唯一扱っている加工技術「ポリジン」。
雑菌の繁殖を防ぎ、ニオイやカビの原因を作りません。アレルギーや喘息を引き起こすイエダニにも効果があるとされており、小さなお子様がいるご家庭にとても有効的です。
スポーツメーカーのユニフォームにも使用されている技術なので、お肌にもやさしく安全です。
マナトレーディングのお好きな生地に加工することが出来るので、カテーンだけでなく、イス張りやベッドリネンにもご使用いただけます。(一部対応できない生地もあります。)
100回以上洗濯をしても効果が薄れることもなく、持続性もばっちりです。 デザイン性はもちろん大切ですが、機能性も上手くプラスすることでより快適な空間で過ごすことができます。
光漏れを防ぐ遮光カーテンや、お家で丸洗いができるウォッシャブルなど、今やファブリックの機能性は多種多様。
ライフスタイルからお好みの機能を取り入れ、「健康」からインテリア空間を考えてみては?

 

画像③ 画像④

 

 

■画像提供

日本フィスバ株式会社

マナトレーディング株式会社

RECENT

BACK NUMBER