良い家具の選び方〈お手入れ編〉

  • 2016.01.12
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

良い家具、と一言にいっても、膨大な数の中からどのような視点で選べばいいのか、、きっと悩まれる方も多いと思います。

良い家具=目的に合った最適な家具

例えば、モデルルームやホームステージング、テレビのインテリアスタイリング、施設、個人のお宅。全てのジャンルで家具選びの視点は違います。
特にこだわっていただきたいのが、個人のお宅の家具選び。住む方の家族構成や日々のお手入れ、サイズや張地に至るまで、、最適な家具を選べば、そこで過ごす時間や、居心地が180度変わる!といっても過言ではありません。小さなお子様のいるご家庭では、落書きや汚れを気にされて、“とりあえず”の視点で家具選びをされることも多いですが、例えばテーブルの場合、オイル仕上げの無垢なら、ご家庭で手軽にメンテナンス出来るってご存知ですか?

無垢テーブルにボールペン跡がついてしまった場合(写真①)、ハードな食器用スポンジで表面を削った後、Tシャツなどの古布でふき取り、オイルを塗り込めば、、この通り!綺麗なテーブル面が復活します(写真②)。扱いが難しいのでは?というイメージがある無垢ですが、実はオイル仕上げなら、メンテナンスの面でメリットもあるのです。大きなテーブルでお子様が宿題したり、お絵描きしたり、、汚れを気にせずのびのび過ごせたら、きっと毎日も楽しいはず!最近はマルチに使える、大きなサイズの無垢テーブルも増えています。
無垢の良い部分を、上手に暮らしにフィットさせれば、最適な家具=良い家具選び、につながりそうです。(菜インテリアスタイリング インテリアデコレーター/尾田 恵)

今日は、木と革の組み合わせが魅力の家具メーカー、Ritzwell(リッツウェル)さんで、お手入れ方法を拝見しました!
お手入れできるテーブルなら、長いお付き合いが出来ますね。

IMG_1934
写真① ボールペン跡のついた木質表面を食器用スポンジで削っています。

IMG_1935
写真② 綺麗なテーブル面が復活!木肌は人肌と同じく、仕上げにオイルを塗って潤いケア。。

RECENT

BACK NUMBER