私たちの目指す、ホームステージングとは?

  • 2015.10.10
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

最近、聞かれるようになった「ホームステージング」「ホームステージングサービス」「ホームステージャー」という言葉。
菜インテリアスタイリングでは、インテリア力を活かし、空間の価値を高めるための、ホームステージングに取り組んできました。
今日は、ホームステージングについて、ご紹介したいと思います。

■ホームステージングとは?
ホームステージングとは、今から30年程前の1970代にアメリカで生まれた不動産の販売手法、サービスのことを言います。物件の購買層をあらかじめ把握・意識し、お客様の目線を意識した魅力的な演出を行う、物件のバリューアップ手法のことです。アメリカでは、“ホームステージャー”と呼ばれる職業が生まれ、広く活躍しています。新築物件の販売が多い日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、中古物件の取引が盛んなアメリカやヨーロッパでは一般的なもので、むしろホームステージングしていないと売れないほどとも言われています。

■具体的にどんなことをするの?
売却・賃貸予定の物件の、内装(壁・床等)を整えたり、家具や小物、照明などのインテリアを配置する等、見違えるような魅力的な演出を行います。簡単に言うとお部屋を綺麗にデコレーションするようなもの。ステージングとは、直訳すると「演出」。まさしくデコレーターがインテリア力で美しく空間演出する世界が「ホームステージング」であると言えます。
日本では一般的に中古物件の内覧は、空室や居住中の状態がほとんどです。このような見せ方では、空室だと冷たく殺風景に感じて物件の欠点が強調されたり、居住中だと居住者の生活感が出たり等、お客様のそこでの暮らしがイメージできないというマイナの印象が先行してしまいます。
ホームステージングすることによってお客様は、こんな家に住みたい!というプラスの印象が大きくなり、購買意欲が高まるのです。

_75V1518
*築35年の中古マンション、ホームステージング事例。周辺の家賃相場より大幅アップで成約となりました。

■ホームステージングのメリット
・売却、賃貸成約期間が縮まる。
→広告を出してから平均3ヶ月〜半年はかかると言われるが平均して約1ヶ月で成約

・価格アップで成約できる。

現在、日本でも中古市場、賃貸市場の活性化は大きなテーマとなっています。これまでなかなか買い手がつかなかったり、売却や賃貸の際にやむなく希望額を下げていた物件を、ホームステージングでバリューアップさせ、他の物件との差別化を図ることが、スムーズな成約につながるものと思われます。

必要に応じたインテリア演出をプラスする ⇒ インテリアで空間価値を高める =「ホームステージング」
菜インテリアスタイリングでは、インテリアに関連する様々なスキルを活かし、オリジナルなホームステージングをご提案しています。
●新築案件、インテリアコーディネートのスキル  ⇒インテリアトレンドを取り入れる
●リフォーム、リノベーションのスキル  ⇒アクセント壁や、照明で他にはない特別な見せ場をつくる
●モデルルームコーディネートのスキル  ⇒インテリア小物、グリーンなどをプラスして、素敵な暮らしのイメージを伝える
●TV番組等、インテリアスタイリングのスキル  ⇒映像や写真映えを考慮した、効果的なインテリア演出をプラスする
様々なインテリアスキルを組み合わせることが、ホームステージング成功への近道だと考えています。

これからも、菜インテリアスタイリングのホームステージング事例を随時ご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

P1390106

菜インテリアスタイリングのホームステージング賃貸事例のひとつ。
2010年より同マンション内で、4件のホームステージングをさせていただいたところ、家賃平均16.25%アップ、上記の部屋は、広告開始から1か月で成約となりました。
■ホームステージング事例、ビフォー&アフターについては、こちらをご覧ください

 

RECENT

BACK NUMBER