2015ミラノサローネ(国際家具見本市)に行ってきました!

  • 2015.05.12
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

2015年4月、イタリア・ミラノで開催された第54回「国際家具見本市ミラノサローネ」に行ってきました。今年は、隔年開催のユーロルーチェ(国際照明見本市)の年。5月1日からのミラノ万博を控え、イベント展示会場、街の展示は多くの人で賑わいました。
①
①-2①-3
世界で活躍するデザイナーを近くに感じることができるのも、サローネイベントならでは。 Minotti(ミノッティ)本社にて、建築家 ロドルフォ・ドルドーニ氏と。(写真左下) Minottiの今年のテーマは「クラシカルとモダンの融合」。赤の大理石(ロッソレバント)が印象的なコーディネート。(写真右下)
②5013②-2 5013
■Molteni&C(モルティーニ)の展示ブース  今年80周年を迎え、市内での特別イベントも開催されました。
③
■深澤直人氏デザインのチェア展示
⑤ ⑤-2
■Giorgetti Atelier (ジョルジェッティ)は毎年楽しみにしています。隠れ家のようなショールームに、上質な世界が広がります。
⑥0513
■ZONA TORTONAエリアで開催された、moooi(モーイ)のデザインイベント 空間がとにかくダイナミック!
⑦
■ZONA TORTONAエリアで開催された、LEXUS(レクサス)のデザインイベント
⑧0513 ⑧-2 0513
■色鮮やかなPaola Lenti(パオラレンティ)の屋外家具。毎年のガーデン演出の見せ方は、素晴らしい!の一言。
⑨0513
■B&B ITALIA(ビー・アンド・ビー・イタリア) ミラノフラッグシップショップにて
⑩
■nendo works 2014-2015   ネンドによる光を活用した展示。見せ方の素晴らしさに感動しました。2015年、今年もミラノサローネで、多くの刺激を受けました。新しい素材の合わせ方、新鮮な色のコーディネート、今までにない暮らしのスタイル。ミラノで吸収した情報や感覚を、これからのコーディネート提案に活かしていきたいと思います。
(インテリアデコレーター/尾田 恵)

RECENT

BACK NUMBER