【開催延期】3月12日(木) 「アクティブ・ケアセミナーVol.2」開催のおしらせ

  • 2020.02.03
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、開催を延期させていただくこととなりました。
延期に関するお知らせ

昨年11月に盛況にて開催終了いたしました「アクティブ・ケアセミナー」
第2回開催の概要をお知らせいたします。

「インテリア(生活環境)」×「医療」の視点から人々の健康を支える活動に取り組む日本インテリア健康学協会(JIHSA)では、超高齢化社会において最重要視されている循環器病予防と、“医”と“住”の融合から生まれた健康医療都市「健都(KENTO)」をテーマに、「アクティブ・ケアセミナーvol.2」を開催いたします。「健都」の中心的施設であり、循環器病の専門医学研究の拠点である国立循環器病研究センターの湯元昇センター長、YKKAPの竹原立明氏、サンゲツヴォーヌの小上佳代子氏をお招きし、「医療・商品・デザイン」3つの力で創造する「人を健康に導く生活環境の可能性」について考えます。

国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター長 湯元昇先生にご登壇いただける、
今回も大変貴重な機会となっています。

セミナー終了後は登壇者も交え、皆さまとの交流会も予定しております。
ぜひご参加ください。

【テーマ】
「~インテリアから考えるこれからのヘルスケア~『予防医療と住まいの役割』」

【主催】
一般社団法人 日本インテリア健康学協会(JIHSA)
代表理事/インテリアデザイナー 尾田恵

【日時】
2020年3月12日(木) 15:00 スタート(受付14:30)
[第一部] 15:00~17:30 セミナー
[第二部] 17:30~18:30 参加者交流会

【会場】
株式会社サンゲツ 品川ショールーム
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー4F

【参加費】
3,500円 (交流会費用含む) *会費は当日ご持参ください。領収書お渡しいたします。
(ただし、JIHSAメルマガをご登録の上、2月27日(木)までにお申し込みの方は3,000円)
ご登録はこちら

【申し込み】
こちらからお申し込みください。

【申し込み期限】
2020 年3 月8 日(日) まで
定員:先着50 名様 *定員になり次第締め切らせていただきます。

【プログラム】
“建都プロジェクト”から考える循環器病予防と生活環境
国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター長 湯元昇氏
 窓まわりから考える暮らしと健康
[窓から考える健康な暮らし]
YKK AP株式会社 住宅商品企画部 竹原立明氏
[カーテンの持つ機能と光かから提案する遮熱・断熱の考え方]
株式会社サンゲツヴォーヌ シニアマネージャー 小上佳代子氏
登壇者を交えた参加者交流会 *簡単なお飲み物等をご用意しております。

【講師紹介】
●湯元昇
国立循環器病研究センター・オープンイノベーションセンター長
1983年京大大学院修了(理学博士)。JST早石プロジェクト研究員、京大理学部助手を経て92年に産業技術総合研究所の前身に転任し、研究部門長等を経て08~15年の間理事。16年に国立循環器病研究センターに転任し、19年より現職。この間、バイオインダストリー協会理事などを務め、健康・医療関係の産学官連携を推進。
「医×商×住」複合開発の街“建都プロジェクト”
北大阪健康医療都市「建都」

●竹原立明
YKK AP株式会社 住宅商品企画部
明治大学大学院・理工学研究科修士課程修了
2001年YKK AP株式会社入社。住宅分野の窓に関する商品企画部へ配属。アルミ、アルミ樹脂複合、樹脂窓の新商品立上げに従事。2009年発売『APW330』、2014年発売『APW430』など、樹脂窓を通じて『高性能住宅』の普及と健康・快適な暮らしの実現に取り組む。
YKK AP株式会社

●小上佳代子
株式会社サンゲツヴォーヌ シニアマネージャー
大手ハウスメーカー勤務を経て、株式会社サンゲツへ入社。首都圏、関西のショールーム責任者として運営に携わった後、ファブリック事業部にて商品開発、マーケット調査などに従事、インテリア全般のセミナー講師として広く普及活動に努める。その後、サンゲツ100%出資にて2017年に設立されたカーテン専門販売会社にて、経営企画、事業推進を中心とした販売・経営活動を行う。
株式会社サンゲツヴォーヌ

詳細はこちら:2020年3月12日|JIHSA主催セミナーvol.2

 

RECENT

BACK NUMBER