2019年12月14日 奈良医大「第9回時間疫学研究会」のお知らせ

  • 2019.12.06
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

11月19日(火)JIHSA主催セミナーにて、
「室内光環境の健康影響|最新の医学エビデンス」についてご講演いただいた、
奈良医大 大林賢史准教授がご登壇される研究会のお知らせです。

「第9回時間疫学研究会」*********************************************
奈良県立医科大学疫学・予防医学講座では、「時間疫学研究会」と称した研究会を定期開催しています。
本講座が研究の中心テーマに据えるヒトの生体リズムに影響する環境・行動要因、生体リズム特性と
疾病発生に着目した疫学研究を「時間疫学」と名付け、これからの新しい学問分野に育て上げたい
という主旨で開催する研究会です。
これまでに8回の研究会を開催してきました。
2019年12月14日(土)には第9回の開催を予定しています。
今後も本研究会を通じて、新規に共同研究が開始されることや、
分析方法に関する助言など学術分野で皆さまの研究活動に貢献したいと考えています。
本研究会はどなたでも無料でご参加いただけます。
開催については講座ホームページ(http://www.naramed-u.ac.jp/~epi/
でも随時ご確認いただけます。研究者や学生だけでなく、
企業の方や自治体の方も多くご参加いただいておりますので、どうぞお気軽にお越しください。
**********************************************************
詳細はこちら(PDF):奈良医大「第9回時間疫学研究会」

第9回時間疫学研究会20191214

RECENT

BACK NUMBER