看護師寮のインテリアが、2014年8月号 月刊ナーシング・キャンバスに掲載

  • 2014.07.15
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

獨協医科大学神経内科 准教授  辰元宗人医師と、弊社代表 尾田 恵が取り組む、
「Active Care®」(アクティブケア)の配慮を取り入れた空間、住む人に「やさしい」看護師寮についての取材内容が、月刊ナーシング・キャンバス2014年8月号(P109~P111)に掲載されています。片頭痛の症状を和らげる、今までにない発想のインテリア空間をプランニング、その効果については2014年日本人間工学会でも発表いたしました
掲載記事を、ぜひご覧下さい。

■住む人に「やさしい」看護師寮  ~片頭痛を緩和する“アクティブケア”って?~  (P109~P111)

獨協医科大学看護師寮のインテリア事例はこちら

月刊ナーシング・キャンバス/学研メディカル秀潤社
http://gakken-mesh.jp/journal/detail/2606849084.html

 

ナーシング

 

*インテリア健康学 アクティブケアとは
健康×癒し×過敏症への配慮、医療とインテリアの観点から、獨協医科大学神経内科 准教授 辰元宗人医師とともに、
弊社代表 尾田恵が共同研究を重ね取り組む、カラダとココロのためのインテリア計画です。

 

 

RECENT

BACK NUMBER