ACTIVE CARE|blog やさしい家の理由

  • 2020.11.26
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

やさしい家の理由

一歩足を踏み入れると、やさしい空気に包まれるような家に出会った。
場所はロサンゼルス郊外のマリブ。
海辺に建つ元建築家の自邸は、最高の心地よさを追求したようにも思えて、
その理由はどこにあるのかと思いながら、じっくり見学させていただいた。

やさしい空気の理由は、カーペットにあった。

玄関ドアを開けると、半円を描いたような広いリビングが広がり、
一面にベージュのカーペットが敷き詰められていた。
海を眺める最高のロケーションと、心地よい自然光、そしてカーペット。
ふわっとした足裏からの感触が、靴を超えて伝わってくる。

心地よさや安心感、懐かしさ、床材の違いによる微妙な温度など、
私たちは多くの情報を足裏の感触で無意識に感じ取っている。
足裏の感覚神経は「体性感覚」といい、
皮膚・筋肉・腱・関節にある受容器からさまざまな感覚を脳に伝えている。
足を一歩踏み入れたとたん、やさしい空気に包まれたのは、
足裏に備わった空間を感じとるための重要なセンサーに触れたからだと思う。

カーペットは人にリラックスを与える、という研究もある。
これからの季節には、
素足で過ごす寝室やリビングに、ラグマットをプラスするだけでも良いと思う。

ちなみに、
カーペットのメンテナンス性が心配な方には「ウール」がおすすめ。
天然繊維であるウールの良さは、繊維表面で水分を弾く性質があるところ。
汚れが内部まで浸み込むのに時間がかかるため、他と比べて汚れがつきにくい。
土足文化であってもカーペット、という選択を可能にしたのは、
素材選びもその役割の一端を担っていたい違いない。

健康的な暮らしにとって、リラックスは重要だ。
元建築家が選んだ自宅の仕様に、
リラックスをもたらす、やさしい家のヒントを得たように思う。

やさしい家の理由

 

RECENT

BACK NUMBER