ACTIVE CARE|blog バランスは4、4、2 「光で整う」

  • 2020.11.04
  • twitter
  • Google Plus
  • Facebook

バランスは4、4、2 「光で整う」

先日、夜間に携帯に熱中し、
睡眠確保の妨げになっている人が増えている、という厚労省の調査報告があった。

睡眠の質が下がっていることから、日中に眠気を感じている人は男女ともに3割強。
20代女性では、なんと回答者の約半数が眠気を感じているとのこと。
起きているけれど、実は起きてない。

働き方改革で問われる「生産性の向上」にも直結する課題として、
とても心配な状況だと思う。

よい睡眠をとるために、光の浴び方が深く関わっていることは知られている。
では、どんなバランスで光と付き合うと良いだろうか。

これには、数字を使うと頭の中でイメージしやすい。
朝、昼、夜に浴びる光の量は、
4、4、2
というバランスを心がける。
よく食事の量でいわれるようなイメージだ。

日中は、朝陽をしっかり。照明は明るい白で活動をアクティブに。
夜は一変、キャンドルのような、ほのかな灯りでゆったり過ごす。
光の量は、浴びる時間にも比例するので、早寝早起きなら、
5、4、1
でもよいかもしれない。

朝ならカーテンをあけて朝陽を室内に取り入れ、たっぷり浴びるようにする。
夜は、雰囲気のいいホテルのラウンジやBARがイメージになる。

バランスは4、4、2 「光で整う」

一番のポイントは、夜の光にこだわること。
光の色と量をイメージし、意識し、変えてみる。

そうすることで、
体内時計が整い、

睡眠ホルモンが分泌され、

質の高い睡眠がとれる

 

行動が変われば、カラダとココロも変わる。
「光で整う」ことは、意外に簡単だ。
追加でアイテムを買う必要はあまりなく、エコにもなる。
基本は、無料の太陽光の活用と照明の点け消し、あっても電球の交換程度でできる。

空間が快適になる上に、見た目も素敵になるオススメの方法です。

picture_pc_c38d50cdc4329babb77e58433ed148d7

RECENT

BACK NUMBER